兼六園

兼六園の雪つり日本三名園の一つにあげられる金沢城の庭園で、約11万平方メートルの大きさを誇る。前田家5代藩主前田綱紀が、1676年に築いた蓮池庭が前身。1759年「宝暦の大火」によって全焼失したが、15年後11代藩主治脩が再建に着手。ほぼ現在の姿に造園されたのは13代藩主斎泰の時代。

兼六園のことじ灯籠兼六園のシンボルともいえる「ことじ灯籠」は、霞ヶ池に立っています。 また、毎年冬になると雪つりが行われ独特の風情が楽しめます。雪つりは樹木を雪の重みから守るために行っています。

兼六園閉じる

Copyright(C) 粟長醤油株式会社 All rights reserved